さりげな小物vol.5

2013年04月19日

komono-taitol.gif




鶯谷駅の
「こんどの休日」




JR山手線の外回り電車に乗っていて、
鶯谷駅を通るたびに ちょっと気になっていたモノなのです。
コレは一体、いつからあるんだろう、と。



uguisudaniban-1.jpg



言っちゃ悪いが、山手線の中でも随一の地味さを誇る鶯谷駅。
そんな地味な駅の、地味なホームの、地味なところに、
限りなく地味に存在しているのが この案内版。

特筆すべきなのは、この絵を見る限り…

uguisudaniban-2.jpg
山手線 103系


uguisudaniban-3.jpg
京浜東北線 103系


昭和時代から ずっとココにある気がする。
JR前の国鉄末期には すでに山手線には205系が走っていたこと、
わざわざ「JR東日本」のシールを後から貼っていることからも
それなりに年季が入っている案内板だと思われる。


見てみると、そもそも用途が周辺の寺院関係の案内を主としているので、
作り変える必要もない、というわけか。
さらにいうならば、付けっぱで困るものでもないので
外す必要もない、ということなんでしょう。


しかしこの案内板、あまり実用的に眺めている人を見たことがない。
設置場所も比較的ホームの端のほうであり、
あまり存在を気付かれてないかもしれない。
絵のように山手線、京浜東北線ともに103系だったのは約30年弱前の頃。
おそらく この頃から現在に至るまで当たり障りの無い存在だったのでしょう。


こういう地味な古き良き時代の残存物、僕は たまらなく好きです。
今後も是非、付けっぱであってほしいものですね。