さりげな小物vol.6

2013年11月06日

komono-taitol.gif




西武鉄道のドアステッカー

sutekka-seibu-1.jpg


西武鉄道の通勤電車のドアに貼ってるシール。

近年、西武鉄道では かつてのイメージを払拭すべく、
随所でイメチェンを図っているのだが、ドアステッカーにも その波が押し寄せており、
イメチェンの一貫として投入した新型車両をモチーフにしたキャラクターを起用している。
おそらく、子供向けに呼びかけているということもあってのデザインなのでしょう。


ただ、実は細かいところで芸が細かく、車内では子供向けの喚起なのに対し、
外側からは大人向けの喚起となっている。
以下は同ステッカーを裏側(車外側)から見たものである。
sutekka-seibu-2.jpg


また、窓上部にも 以下のようなステッカーが貼ってある。
sutekka-seibu-3.jpg
おそらく開く方向を指しているのだと思うが、
こうすることで「コレはドアなんだ。開くんだ。注意すべしなんだ。」と
文字を使わずして記号でもって促しているのだろう。
僕は心理学には詳しくないので そのあたりの詳細はわからないが。


いずれにしても、イメチェン施行以後の色で統一されている。
車両から駅名板のデザイン、そしてステッカーにまで
それは徹底しているのだが、個人的には西武といえば小さい頃から
丸型ステッカーのイメージがあったので、そっちのほうが好みではあった。
以下が そのかつてのステッカーの姿である。
sutekka-seibu-4.jpg
まぁ、イメチェンという理由以外にも
ステッカーの形状からして、旧型だと広告を変えたいたびに
ステッカーごといちいち貼り替えなくてはならないので
そういう理由もあってのステッカー変更だとは思うのだが。

東上エルフvol.10

2013年11月16日

tojoelf-taitol.gif


東上線が題材のイラストを勝手に描いてる自己満足のコーナー、
それがこの「東上エルフ」でございます。



今回は「目が合う車内」というタイトルなんですが、
他に言いようがありませんでした。
ただただ車内の様子を描いただけの絵なので…。
アクションとして「目が合った」という要素しかなかったので
このようなタイトルとなりました。
それではご覧ください。

megaausyanai-mini.jpg
※クリックするとTINAMIという別サイトに飛びデカい版が見れます。




東上線利用中の一風景シリーズ第2弾。
東上線に乗ったら「ん?あれ妖精…?」みたいな
さりげない日常乗車の中で見かけた妖精さん、というのが題材です。

と、いうか もはや それ以上言いようがないというのが正直なところ。
描きたかった。ただただそれだけです。
もともとコンセプトが自己満足だから しょうがない。

特筆点としては、今回は東武30000系という設定にしたところ。
tobu30000-1.jpg

東上線の場合、通勤車両しかないので
別にどの形式でも 実用上いいんですけども。

この30000系、東上線の他の形式に比べて
なんかやけに青基調が目立つ所がポイント。
椅子が青いというだけではなく、仕切までもが青いからなのかもしれません。
tobu30000-2.jpg

一応、絵の中に この青い仕切があることで
「30000系を描いてやがる」と思っていただければ。
ただ単に電車を描いただけじゃなく
東武通、東上線通だと感じられるかと思われます。