ドア博vol.8

2012年05月19日

doahaku-taitol.gif


seibu9000-1.jpg西武鉄道
9000系



seibu9000.jpg西武といえば、黄色い電車。新車が増えた現在でも そのイメージは強い。そして、前面やドアにアクセントみたいな感じでステンレス地が使われているのもひとつのポイント。車体は鋼製なのに、ドアだけはステンレス地というスタイル。外も、そして中も。

窓寸法や取っ手位置などのレイアウトは国鉄通勤車と同じ様相のように思われる。おそらく初めて2扉を採用するときに それを参考にして、それが受け継がれたんでしょう。

この9000系に関しては当初から このドアであり、窓フチは金属押さえ。昔の西武の黄色い電車は同時代の他社車両同様ゴム押さえのドアだったんですが、現在は車両自体の引退やリニューアル改造などでゴム押さえドアは完全消滅、黄色い電車は9000系に限らず全てこのドアになっていると思われます。もちろん上部の表示機は別ですが。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55941723

この記事へのトラックバック